スポーツ一覧

【相撲】貴乃花は既に「土俵」手放していた 貴乃花部屋物件は「即入居可」

1: あずささん ★ 2018/09/26(水) 07:13:00.29 ID:CAP_USER9
貴乃花親方が、東京・江東区東砂に構える貴乃花部屋をすでに手放していたことが25日、分かった。会見で貴乃花親方は、土俵と共に部屋を残す意向を示した。だが「即入居可」の貸倉庫物件として、不動産業者などが、新たな入居者を募集していた。 

現在、貴乃花部屋として構えている物件は、1カ月74万円余りで新たな入居者を募集していた。「即入居可」の貸倉庫として、もちろん相撲部屋だけではなく一般企業なども対象に広く募集。不動産業者は「手続きがスムーズに進めば2週間で入居できる物件です」と説明。2週間後には、企業のオフィスなどとして、利用が開始される可能性が出ていることが判明した。

部屋ではまだ力士らが生活しており、この日の朝には、貴乃花親方が退職の届け出を提出することを弟子に説明していた。何よりも日々の稽古を通じ、師弟ともに汗と思い出の詰まった場所。会見で貴乃花親方は「土俵に鍛えられてきたので(今後も)土俵には携わっていきたい。住まいでもある部屋には土俵もあるので、土俵は存続させたい」と話していた。だが実際には、すでに手放していた。

若い力士が多く、千賀ノ浦部屋への所属先変更を知らされたばかりで、心の整理をつけるのも難しい。その中で、引っ越し作業、さらには11月の九州場所に向けて荷造りを並行して行わなければならない。現在8人在籍する力士のうち、関取衆は3人。若い衆と分け隔てなく、所属先変更の完了に向けた手続き、業務が急務となる。

この日の朝は部屋の前のガレージに、支度部屋で使う座布団などが入った明け荷が無造作に置かれていた。親方から説明を受ける前、明け荷を片付けていた春場所初土俵の貴正樹は「昨日(24日)から結えるようになりました」と、結って2日目のまげを誇らしげに触っていた。明け荷を入れるため開けたシャッターの内側には、引っ越しが迫る部屋とはほど遠い、山ほどの荷物が積まれていた。

ソース/日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201809250001024.html

続きを読む